会長挨拶

20210605_kaicho2021

保証人の皆様におかれましては、保証人会の活動にご理解とご協力いただき心より感謝申し上げます。

昨年は新型コロナウィルス感染症の蔓延により、当たり前だったことが当たり前でなくなり、これまでの社会生活さえ制限される事態となりました。お子様たちが夢に描いていた大学生活もなかなか思うように送ることができず、保証人の皆様も胸を痛める日々を過ごされたことと思います。まだ予断は許さない状況ではありますが、少しでも早くコロナが収束することを願うばかりです。

保証人会は「大学と家庭の連絡を密にし、相互の理解と協力とによって、大学教育の充実発展と学生の利益に資する」ことを目的として活動を行っています。
今年の総会ですが、コロナ禍で緊急事態宣言が発令している最中でもあったことから、安全を期してオンラインにて皆様に配信しました。6月に予定していた地区別保証人懇談会は、対面での開催に向けて大学と連携して会場の準備など進めていましたが、感染リスクを考慮し新たな形としてオンライン開催としました。オンラインに関しては私自身も不慣れで戸惑うことも多いですが、コロナだから「できない」「やれない」のではなく、「何ならできるか」「どうやったらやれるか」を考えながら活動していきたいと思っています。

このコロナ禍の一年で、大学も様々なことが変化しました。授業のやり方もその一つです。対面授業の他に遠隔で授業を受けるという選択肢が増えました。全てをマイナスに捉えるのではなく、新しいことにチャレンジするチャンスとしてお子様たちには大学生活を送ってほしいと思っています。また、コロナ禍で悩んだこと、考えたこと、我慢したことがこれから生きていく上での力となり、いつか対面で「こんなこともあったよね」と笑い合える日が来ることを願っています。

今後、保証人の皆様には会報誌「さん・サン」と保証人サイト「Web SAN SUN」にて活動内容をお伝えしていきます。会報誌「さん・サン」には大学の様子やサークル紹介など幅広い情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

今年度も保証人の皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

明治学院大学保証人会
会長 西山 あゆみ