学生懸賞論文

 学生懸賞論文は、学校法人明治学院が創立110周年記念行事として始まり、その後応募者から存続を望む声が上がったことを受け、現在に至っています。保証人会ではこの学生懸賞論文を毎年後援しています。
 例年、6月に課題テーマが発表されます。受賞者には学長より賞状と副賞が授与されます。